本やマンガ

本やマンガ本やマンガ

読書カテゴリの記事一覧。
細かいカテゴリへはサイドバーからお願いします。

本マンガその他

「落語で辿る江戸・東京三十六席」は落語由来の江戸ガイドブック

この本は36の古典落語の中からその噺に出てきた地名などが解説されています。この本を読んで実際の場所を訪ねればより深く落語を楽しむことができるでしょう。
2019.03.07
スポーツ・アウトドア

KindleストアのSB新書フェアでランニング本の良書(+日本酒本)がけっこう出てて必見

Kindleセールでランニングに関する本がたくさん出ていたので買ってみました。「常識破りの川内優輝マラソンメソッド 」が一番オススメです。あとランニングと関係ないんですが「No.1ソムリエが語る、新しい日本酒の味わい方」も日本酒を楽しむためのよい本です。
2019.03.06
本マンガその他

「アリエナクナイ科学ノ教科書」~面白いんだけど警察に関する内容がちょっと・・・

「アリエナクナイ科学ノ教科書」を読みました。 子供が興味持つかなと思って買って,自分も読んだらハマったというやつです。 私はもともとくられ氏のファンなので。 くられ/れらく(@reraku)さん | Twitter アリエナイ理科ポ...
2019.03.06
本マンガその他

「西洋美術史入門」~流れをサクッと知るためにはよいです

私は絵を見るのが好きなのですが,世界史をちゃんと勉強してないこともあって背景的なものがさっぱりだったんです。 ある程度知っておいた方がいいなと思っていたときに,セールで安くなっていた(買った当時の話)ので読んでみました。 ...
2019.03.01
本マンガその他

「The 2020 Commission Report on the North Korean Nuclear Attacks Against the United State」~ちょっと長いけど軍オタなら多分読みやすいと思うので読んだらいいよ

「The 2020 Commission Report on the North Korean Nuclear Attacks Against the United State」という長ったらしいタイトルの本を読みました。 ...
2019.03.01
本マンガその他

「アーロン収容所」を読んで適材適所とか自己責任論について考えた

「アーロン収容所」を読みました。 著者の会田雄次氏は,ビルマ戦線で終戦を迎え,イギリス軍の捕虜となっており,その時の収容所暮らしの様子をまとめたものがこの本です。 イギリス人に対する憎しみに圧倒される 普通に交流...
2019.03.01
ブラック日本

「総員玉砕せよ!」~今も根本は変わってないことに愕然とする

この本を読むと,日本の組織というものが今もあまり変わっていないことに驚かされます。玉砕に見られるように手段が目的となっていること,空気に逆らえないことなどはまさしくそうでしょう。真に戦争反対を叫ぶならこのあたりから変えていかなくてはならないはずです。
2019.03.01
本マンガその他

「特攻の島」~何のために生きるのか?人の命とはなにか?さまざまなことを考えることができる良書

日本というのは特攻という自爆攻撃を組織として運用した恐るべき国です。 イスラム原理主義者など小規模な自爆攻撃というのは聞きますが,国家単位で自爆作戦を行ったのは日本のほかにあるのでしょうか。 組織的な命令に基づいて自爆攻撃をする...
2019.03.01
本マンガその他

「日本のいちばん長い日」~日本の終戦は綱渡りだったことが改めて分かる良書

昭和20年8月に原爆が落とされてから終戦が決まり玉音放送が流れるまでの間に焦点を合わせ,その間の政治家や軍人の行動を追った作品です。 軍は徹底抗戦を唱えていたのになんであんなにあっさり降伏が進んだのか,その裏舞台を探るみたいな感じです...
2019.03.01
ブラック日本

「ペリリュー 楽園のゲルニカ」~太平洋戦争有数の激戦地でなにがあったのか??

武田一義氏の「ペリリュー -楽園のゲルニカ-」を読みました。 ペリリューって知っていますか? フィリピンの東方にある小さな島で太平洋戦争の激戦地です。 当時島を守っていた約1万人の日本軍が玉砕し,生還したのは捕虜を...
2019.03.01
本マンガその他

「それでも,日本人は『戦争』を選んだ」~安易に歴史に学ぶと落とし穴に落ちる

加藤陽子氏の「それでも,日本人は『戦争』を選んだ」を読みました。 本書は日清戦争から太平洋戦争までの流れが書かれたものです。 中高生に向けられた講義形式なので読みやすいです。 「歴史に学べ」も実は危ない 「歴史に学べ...
2019.03.01
本マンガその他

「日本軍と日本兵」~私たちのご先祖はやはり私たちのご先祖であった!

日本とは,日本人とはを考える際に極端な例ではありますが日本軍と日本兵を題材にするとその特徴が際立ってくるのではないでしょうか。事実,日本軍と日本兵を取り巻いていた悪しき環境で,今でもそれほど変わっていないところが多々あります。本書はそれらを考えることができる良書です。
2019.03.01
本マンガその他

「未来の働き方を考えよう」~私にとって前職を辞めた最後の一押しでした

今の日本の働き方は今後も通用すると思いますか?すでにさまざまなところに無理がきておりこのまま通用するとは思えません。しかしそれならどうすれば?この本はそういったこれからの働き方についての道しるべとなってくれる本です。
2019.03.01
本マンガその他

「東京タラレバ娘」~何か面白いひねりがあるのかと思ったら超オーソドックスな少女マンガだった

ザ・少女マンガです。想像したストーリーの展開そのまま終わってしまうのはどうかと思います。東京を強調する必然性もよく分かりませんでした。でもなぜか最後まで読んでしまいますので作者の力量はあるのでしょう。
2019.03.01
本マンガその他

「ディエンビエンフー」~絵柄で読み始めたら大変,人の首がポンポン飛んでいくぶっ飛びバトル恋愛マンガだった

ディエンビエンフーはベトナム戦争をベースにしたバトル+恋愛マンガです。可愛い絵柄とスプラッターな描写のギャップとがいい味を出しています。
2019.03.01
本マンガその他

「満月エンドロール」~わずか数秒の走馬灯を描ききった名作

(ネタバレあり注意) 広島出身の方ということもあり,私は野村宗弘さんの作品が好きで,その中でも「満月エンドロール」が一番好きです。 この作品は50半ばの人生にくたびれきった警備員のおじさんが,死ぬ直前の数秒間に見た走馬灯...
2019.03.01
本マンガその他

「天災から日本史を読みなおす」~これをみんなが読んでれば少なくとも津波で死ぬ人はいなくなるはず

著名な歴史家,磯田道史が書いた過去の災害をひもとき,今後の防災を考える本です。本書を読めば今後の災害についてもある程度備えることができること請け合いです。
2019.03.01
本マンガその他

「広く弱くつながって生きる」~これからの生き方を考える

佐々木俊尚氏の「広く弱くつながって生きる」を読みました。 広く弱くつながって生きる (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 佐々木 俊尚 幻冬舎 2018-03-29 Amazon Kin...
2019.03.01
本マンガその他

「『当事者』の時代」はSNSとともに生きている私たちにとっての必読書

日本のメディア空間について書かれた本です。ヒステリックな言論が日本にはびこっているのがなぜなのかを解き明かすことができる良書です。SNSなどの普及が進み,私たちみんながメディアに関わっている今,本書は必読です。
2019.03.01
本マンガその他

「空気の研究」~何度読んでも面白い名著中の名著

「空気の研究」は日本人なら誰もが読むべき名著中の名著です。日本のあらゆる問題はここに原因を求めることもできるのではないでしょうか。この本を読んで空気の拘束から抜け出しましょう。
2019.03.01
警察系

「私の夫はある日突然殺された」は被害者対策とかする人の必読本

この作品は実話です。精神異常者に突然夫を殺され,残された筆者がその現実を受け入れていく様子を描いた作品です。殺人事件の被害者遺族の視点による漫画というのは初めてではないでしょうか。被害者対策とかする司法関係者は必読。
2019.03.01
警察系

「万引き老人」~万引き現場の実態がよく分かる

万引きってホント年寄りが多いです。 なおかつ救いようのない人が多い。 でもそんな現状って誰も知らないですよね。 本書はそういう現状について書かれた良書です。 著者の方はベテランの保安員だそう。 確かに私...
2019.03.01
本マンガその他

「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」で仕事が超絶早くなる

「効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術」という本を読みました。 私も「面倒くさがり」で作業をいかに「ラクにできるか」「仕事をどうやったら早く終わらせられるか」を考えるのが好きです。 というわけでこの本も目次を見て,「おお,知...
2019.03.01
本マンガその他

「ほぼ100円飯 家にある材料でソッコー作れる最高に楽しい節約レシピ」は本当にソッコーで作れて美味しいものぐさ者には最高のレシピ本

先月約1か月ほど兼業主夫をする機会がありました。 楽に作れてかつ美味しそうなレシピはないかなあとネットを探していると,リュウジさんというひとのTwitterアカウントが目にとまりました。 リュウジ@料理のおにいさん(@ore825)...
2019.03.01
本マンガその他

「アップデートする仏教」~葬式仏教から本来の仏教へ

日本の仏教ってひどいですよね。 葬式仏教屋という職業に特化しすぎじゃないでしょうか? しかもその葬式ですら,訳の分からないお経を唱えて,訳の分からない戒名をつけて,説得力のない法話をしてハイ終わりなので有り難くもなんともありませ...
2019.03.01
スポーツ・アウトドア

ポンコツランナーがランニングに関する本を読んで,速く走るために必要なことをまとめてみた

ポンコツランナーが速く走れるようになるためにはどうすればいいのか,いくつかの本を読んで考えをまとめてみました。結論としてはオーバートレーニングになりがちなのでトレーニングを抑える,歩いたり体幹トレ,たまには負荷をかけて脚を鍛えるということです。
2019.03.01
スポーツ・アウトドア

「マタギに学ぶ登山技術」~今と共通するところもあればまったく違うところもあって,その辺の差異を考えると面白い

私は猟に興味があります。今はまだやってないですけどそのうちやりたいです。 そんな私なのでマタギについても興味があります。 彼らが今までどんな生活をしてきたのか。面白そうではありませんか。 そんな私にとってこの本は,見つけた...
2019.03.01
本マンガその他

「乗ってはいけない航空会社」~飛行機によく乗る人は見ておいて損はない

航空会社が安全かどうかなんてあまり意識したことがなく,事業で飛んでいるんだからそれなりにどこも安全だろうと思っていました。 しかし本書を読んで「注意しないといつか殺されてもおかしくないな。」と感じました。 特に危ないのは...
2019.03.01
警察系

「貧困とセックス」~最底辺の現状を知るのにいい本

貧困とセックスワーカーについての著書が多い中村敦彦氏と鈴木大介氏による対談です。 日本の最底辺の現状を赤裸々に語っている本で,そういう世界と無縁な人が読むと「これホントか?」と思うようなことばかりです。 しかし私も仕事で貧乏な人...
2019.03.01
本マンガその他

「考えるヒント」~良書はいつ読んでも新鮮

小林秀雄氏の本は初めて読んだんですが,60年前の作品なのにすごく新鮮に感じました。 今でも通用するどころか,今の人たちの多くが気付いていないことを,今から約60年前にすでに鋭く指摘してます。 圧倒された文章の一部を紹介す...
2019.03.01