ATOTOのAndroidカーナビS8 Proを使って感じたいいところと悪いところ

ATOTOのAndroidカーナビS8 Pro(いわゆる中華ナビ)を使ってみて感じたいいところ悪いところをまとめました。
取付けなどについては下記記事をご覧ください。

いいところ

Androidそのものであるところ

基本的にAndroidスマホとほぼ同じですから,GooglePlayストアから自分が好きなアプリをインストールすることができます。

例えばカーナビアプリ1つとっても,GoogleマップやYahooカーナビなどたくさんあり,私も現在どのスマホナビが一番使えるかを検討中です。

Yahoo!カーナビ -【ナビ】渋滞情報も地図も自動更新 - Apps on Google Play
Yahoo car navigation system is road traffic information and map update is free JARTIC! It is the perfect navigation app to drive and travel.

以前はYahooカーナビはPlayストアから直接ダウンロードできず,apkファイルをダウンロードしてこなければいけなかったらしいのですが,私が使っているS8 Proで試したところ,普通にダウンロードできました。

FMラジオがなかなかよい

ラジオ機能はあまり期待していなかったのですが,FMについては割と感度が良いと思います。
サービスエリアギリギリでも粘ってくれる感じがあります。
またワイドFMが普通に使えるのもよいです。

ただワイドFMが使えるせいかどうか知りませんが,AMの感度はお世辞にもよくありません。
またFMラジオも周波数がズレるという謎の欠陥があります。(後述)

タッチジェスチャーが意外と便利

ホームボタン,戻るボタンって小さいので意外と押しにくいです。
が,S8にはタッチジェスチャーというのがあって

  • 2本指で下にスワイプするとホームへ
  • 2本指で左右どちらかへスワイプしたら戻る

といった操作をすることができ,これが意外と便利です。

ただタッチジェスチャーも機能割当てをカスタマイズできたらよいのですけどね。
よく使う2本指で上にスワイプが非常にやりづらいのですよ。
他の操作でもできるように変更できたらよいのですが。

悪いところ

電話帳がひどい

BluetoothでS8と電話をペアリングしていれば、ハンズフリーで通話ができるのではありますが注意が必要です。
S8とスマホの電話帳データを同期させて,その後S8側で電話帳のデータをいじると,なぜかスマホの電話帳データが消えてしまうことがあります。
最初にこれが発生したときは焦りましたが,Googleの場合すぐにバックアップから復元できるので大丈夫ではあります。
しかし精神衛生上非常によろしくありませんし,復元に失敗するということも考えられます。

また電話帳の索引が索引として機能していません。
下記画面を見てもわかるように,「広島消防災害情報」が「G」に索引されており意味不明です。
「JAF」などアルファベットで始まるものはちゃんと索引されるのですが,日本語のものはぐちゃぐちゃになります。

S8の電話帳索引
S8の電話帳索引,なんで「広島消防災害情報」なのに「G」なのだ?

以上のように電話帳の出来はかなり悪いです。

使えない,またはレイアウトが崩れるアプリもある

Yahooカーナビは普通にインストールできるようになりましたが,インストールできないものもあるのではないでしょうか。私の環境では幸いそういうのに当たったことはありませんが。

またインストールはできてもレイアウトなどが大きく崩れてしまい,非常に使いづらいものは私の環境でもいくつかあります。
例えばRadiko。文字が小さすぎて凝視しないとよく見えませんし,タッチする部分も小さいので操作が難しいです。

radiko - Apps on Google Play
"radiko" radio streaming app (for use in Japan only)
S8上のradiko
S8上のradiko,字が小さすぎて,運転席や助手席に座った状態から確認するのは困難

ステアリングホイールスイッチに割り当てられる機能が限られている

車種にもよりますが、ステアリングホイールスイッチに機能を割り当てることができます。
ただ,割り当てられる機能は下記のものだけです。
「進む」や「戻る」ボタンも標準のラジオアプリなどでしか効かず,AmazonMusicなどでは使えません。
AmazonMusicのような後からインストールしたアプリでも「進む」や「戻る」が使えたらとても便利になるのですが。

ステアリングホイールスイッチの設定画面
ステアリングホイールスイッチの設定画面

ラジオの欠点

よいところでも書きましたが,AMの感度は悪いです。
また1071Khz(NHK第一)を受信している状態でエンジンを切り、もう一度エンジンをかけるとラジオがまったく受信できなくなることがあります。
ラジオアプリを一度終了させて再起動すると復帰はします。
私の環境では1071Khzでしかこの症状は起こりません。

またFMラジオについては,一部の周波数でステップが微妙にズレるというバグがあります。
具体的には78.2Mhzにすると,なぜか78.19Mhzにしかならないのです。
電波が強いところでは影響はないのですが,サービスエリアギリギリになると周波数がズレる分,弱くなります。

この現象はどの周波数でも起こるわけではないのですが,先ほど挙げた78.2など,一部の周波数で発生します。
地元の広島FMが78.2Mhzなので,地味に不便です。

FMラジオの周波数ステップエラー
FMラジオの周波数ステップエラー,いくらいじくっても78.20にはなりません・・・

スマホとの接続が微妙

S8自体がスマホみたいなものなので,あんまりスマホをつなぐ必要性もないのですが,たまには必要です。

私の場合だと,自宅PCで管理している音楽ファイルを車内で聞くために,スマホに音楽ファイルを入れて,S8とつないでいます。

つなぎ方はAndroid AutoとEasyConnectionの2種類があります。

Android Auto - Apps on Google Play
Control maps, media and messaging, with the Google Assistant while you drive
EasyConnection-CarbitLink - Apps on Google Play
EasyConnection is your driving assistant.

Android Autoは有線接続が必要

Android Autoは問題なくつながるのですが,通常Bluetoothだけでつなげばいいところを有線でもつなぐ必要があるので不便です。Bluetoothでつなぐ意味がないですよね。

EasyConnectionは不安定

もう一つ,EasyConnectionというのもあります。
これも有線ですが,Android Autoとは違い,ミラーリングです。スマホの画面をそのまんまS8の画面に表示させてそこから操作するという。

Android Autoでいいじゃんって思ってしまいますが,Android Auto非対応のアプリを使いたい場合などは,こちらを使うしかありません。

こちらは接続が非常に不安定で,機嫌が悪いとつながらなかったりします。
つながらないときはS8を再起動すると復帰することが多いですが面倒ですよね。

またEasyConnectionで接続した場合,スマホからの音が非常に小さいです。
スマホの音量を最大にして,なおかつS8のボリュームを10以上上げないといけない感じ。

このためにボリュームが無駄に20以上あるのかという気もしますが,これをやってしまうと当然のことながらS8のカーナビの音声などがバカでかくなります。
ボリュームを上げたことを忘れてうっかりラジオに切り替えると爆音で死にます。

そういうわけでなかなか使いにくいアプリです。

購入後の反省点

画面が小さかった

7インチで画面は十分だろうと思っていましたが,車で使おうと思うと,もう少し大きさが欲しいですね。
radikoみたいにやたらと文字が小さくなるアプリもありますし。
これから買われる方は,可能な限り大きい画面にしておいたほうがよいと思います。

まとめ

思ったことを書き連ねてみると,悪いところが多いのに自分でも驚きました。
でも私はこのS8が好きです。
いろいろと文句を言いつつも、カスタマイズを楽しめるのが魅力です。
出来が悪いところもあるけどかわいい子という感じ。

このS8など中国製Androidナビは,取付けの時点から車種によってはいろいろな工夫が必要になってきますし,取り付け後も,あーでもないこーでもないといろいろといじくらないといけません。
そういうのが楽しめる人にとっては,車内におもちゃが増えた感じで楽しめると思います。

逆にそういうことが好きじゃない人にとっては苦痛でしかないと思いますので,値段にひかれて中華ナビを買うのはやめたほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました