鈴本演芸場に行ってみた

落語など

東京へ行ったらやっぱり寄席ですよ。

広島では絶対味わえない空気がありますから。

 

というわけで今回は鈴本演芸場へ行きました。

鈴本,いいですね。

1階の受付でチケットを買います。

大人は2800円,小学生1500円。

これで4時間楽しめますからね,すごくコスト安い。

 

確かにルミネtheよしもとなどと比べるとスピード感や濃度には欠けます。

惰性でやってるような正直面白くない芸人さんもいますから。

でもそれらもひっくるめたゆるい空気がいいんですよね。

酒飲みながら聞く噺はサイコー。

 

当日の出演は

  • 春風亭一猿 十徳
  • 春風亭ぴっかり 動物園
  • 林家正楽 紙切り
  • 林家彦丸 題名不明
  • 桂南喬 青菜
  • ニックス 漫才
  • 橘家文蔵 道灌
  • 春風亭一朝 転失気
  • ペペ桜井 漫談
  • 柳家さん喬 酢豆腐
  • 翁家和助・小花 太神楽
  • 五明楼玉の輔 財前五郎
  • 隅田川馬石 元犬
  • ダーク広和 マジック
  • 橘家圓太郎 化物使い

でした。

私は柳家さん喬の酢豆腐,橘家圓太郎の化物使いが面白かったですね。

特に化物使いは,人使いの荒い隠居の性格を細やかに描いていて,そういうやり方もあるんだなと感じました。

 

いっしょに連れて行った子どもは紙切りや太神楽,マジックに圧倒されていたようです。

特に紙切りなんて寄席行かないと見られないですもんね。

 

私は地方大好き人間で東京とかは街は嫌いなんですが,この寄席だけはうらやましいと思います。

嫌というほど寄席に入り浸ってみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました