飛行機の中でネットにつながるという事実がすばらしい~ANAのWi-Fiサービス

PCや携帯電話など

先日国内線に乗る機会があり,機内でWi-Fiが使えたので試しに使ってみました。

どうやって使う?

あらかじめANAアプリはダウンロードしておいた方がいいです。

ブラウザでも使えるみたいですが,動画が閲覧できないなど一部制限があるようです。

ANA

ANA
無料
posted with アプリーチ

アプリをあらかじめダウンロードして機内に乗り込んだら,機内でWi-Fiをオンにします。

ANAアプリを起動させ,メニューを開いて

国内線 機内Wi-Fi

を選択。

するってえと

こんなメニューが出てきます。

これで準備はOKです。

どんな内容?

マップが意外と面白い

例えばマップを開くと

とこのような画面が一定時間ごとに切り替わります。

私は乗り物好きなので,この画面と眼下の地形を見てるだけでも楽しいですね。

ただ,できれば

マップがもう少し詳細になってほしい

画面を一定時間ごとではなく自由に切り替えさせてほしい

のが要望であります。

エンタメニュース

マップ以外もエンターテインメントだと子どもから大人まで楽しめるようにドラえもんから最近のドラマまで動画で楽しめます。

あとニュースなどのサービスはリアルタイムで見ることができます。

このほかにも電子書籍なんかもあります。

やめてほしいところ

機内アナウンスが入ると

という画面に強制的に切り替わるのですが,意外と飛行中ってなんやかんやでアナウンスが入るのでかなりうっとおしいです。

強制切り替えは重要なアナウンスの時だけでいいんじゃないでしょうか。

インターネット

専用コンテンツ以外にインターネットにつなぐためには別料金が必要です。

料金は

40分で550円

飛行中ずっと使える~1050円

とまあ仕方ないかなと思う料金。

あと使える時間は離陸5分後から着陸5分前までです。

無料になったそうです。

私も衛星通信という言葉に魅惑され,40分コースをポチってみました。

広島~東京便じゃ40分でほぼフルフライトですしね。

スピードチェックアプリで速度を測ってみましたが速度はやっぱりそれなりです。

2回測ってみましたがこのとおり。

WEB閲覧はストレスを感じながらもなんとか使えるかなというレベルです。

YouTubeとか動画は厳しいと思います。

Speedcheck Internet Speed Test

Speedcheck Internet Speed Test
無料
posted with アプリーチ

飛行機でもネットができるようになったことがすごい

しかし時速1000km近い速度で飛んでいる物体が衛星を介しているのだから,通信できるだけですばらしいです。

飛行機の中にネット環境があるってすごいことですよね。

時代は進んでいくんだなあと改めて感じました。

コメント