捜査系の話

捜査とか法律に関わる話です。

捜査系の話

マイナスドライバーを所持しただけで検挙されるのは妥当なのか

こんなニュースが。 確かに特殊開錠用具なんとかかんとか法(略して特開法って呼んでいたので正式な名称覚えてません・・・)っていうのがあって,それは主にピッキングツールなんかの所持を規制する法律なんですが,一定の大きさ以上のマイ...
捜査系の話

捜査関係事項照会の実際~何をいまさら感しかない

捜査関係事項照会とは 刑事訴訟法第197条第2項に「捜査については,公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の照会を求めることができる。」というのがあって捜査で必要がある場合にいろんなところにいろんなことを照会して回答をもらっていま...
2019.10.09
捜査系の話

警察で仕事をしていると示談の片棒を担ぐようなことをしなければならないことがあって本当に嫌になる

別の記事で示談でポシャる事件は多いよっていう話をしました。 今回は警察が示談の片棒を担ぐようなことをしているケースについて書きます。 片棒を担ぐってどういうこと? そういうケースになるのは被害者がいわゆる汚い...
捜査系の話

逮捕されても起訴されずに終わる事案が予想以上に多い件について

この記事には強制わいせつで逮捕された警察官が不起訴になったのは不当である旨が書かれています。罪名が強わいなので確かにちょっとどうなのかなという気がしないでもありませんが,かといって警察官だから不起訴になったわけではありません。...
2019.04.23
捜査系の話

元官僚が交通死亡事故を起こして逮捕されないのは忖度なのか

Twitterとかを眺めていると,任意(在宅)で処理されている事件について 「なぜ逮捕されないのか」「これは国家権力の横暴,特権階級への忖度だ」 などといった発言を見かけることがあります。 例↓ それはちょ...
捜査系の話

変死を通じて感じた人の死

警察の仕事の一つの特徴に,人の死に接する機会が多いというところがあります。 特に刑事部門,さらにその中でも初動捜査とか鑑識とかをやっていると,変死事案を主に扱うようになるため,警察官の中でもより多く接することになります。 私は初捜とか鑑...
2019.03.19
捜査系の話

事例:暴行事件で犯人を現行犯逮捕した際の事件の流れや被害者が負担しなければならない時間(発生から送致まで)

警察はとかく書類が多いという話をしたので,例を挙げて説明してみます。 友人と繁華街を歩いていたところ,見知らぬ人にいきなりからまれて殴られたので,その場で友人と共に捕まえたという単純な事例にします。ケガなし,友人は目撃者...
捜査系の話

警察官をやっていて感じた騙されやすい人の特徴とその対策について

こんな質問があったので考えをまとめてみました。 騙されやすい人には確かにある程度パターンがありますので,それらをまとめて,そんじゃあどうすりゃあいいのかについて書いてみたいと思います。 騙されやすい人の特徴 ...
2019.03.07
捜査系の話

「サイバー警察に家宅捜索を受けた際の体験談」を読んで思ったこと~確かに警察は遅れてるけどちょっと誤解が多すぎるような気が

自宅の捜索を実際に受けられた方の記事を読んで感じたことを書きました。警察の捜索や基本捜査について書きました。警察のITスキルはかなり低く底上げが喫緊の課題です。
2019.03.07
捜査系の話

マイニングツール摘発と警察の検挙基準について

マイニングツールの検挙について警察を責めるのは怒りの矛先が間違ってます。警察は法執行機関だから法律があって違反があれば検挙するだけです。文句があるなら法律を変えるべきじゃないですか?
2019.03.07
捜査系の話

取調べ~最高に奥深い世界

取調べについて書きます。私も刑事をやっていたので取調べはしていましたが,それほど経歴も長くなく中途半端です。 取調べは本当に奥の深い世界です。よくある安っぽいテレビドラマのように「お前やったんだろ!」と怒鳴ったり恫喝して自供するやつ...
2019.03.01