ギルティ~デンマーク警察の110番受理台が舞台の映画だけどいろんな意味でもどかしい

映画テレビその他
公式サイトから

デンマーク警察の110番受理台の電話音声のみを通じてある事件を描いた作品。
とても面白そうなのでぜひ見なければ!と思い,勇んで見に行きました。

が,なんなんだこれは・・・という感じです。
デンマークの警察ってこんななのでしょうか。
日本の警察とあまりに違いすぎていてあっけにとられてしまいました。

演出のためこんな変な設定にしているのかもしれません。多分そうだと思います。あまりに非効率すぎますから。
無粋ですがいろいろと突っ込んでみました。

おかしな点

なんで受理と指令が別の場所に?

なんで受理と指令が別の場所にあるんですかね。
日本だと同じ部屋に受理台と指令台があって,受理しながら同時進行で指令するんですが・・・
ていうかそうしないと明らかに指令が遅くなりますよね。
指令場所を別にするメリットが何かあるのでしょうか。

しかも受理した内容は全部有線で口頭伝達。
データリンクしてないのかよって感じです。何のために受理内容をパチパチ打ち込んでいるんだ?
お前のやった位置探査も自己満足にしかなってないではないか。
ITではかなり後進的な日本の警察でも本部と署の指令状況はリンクされているぞ。

極端すぎる個人プレイ

警察っていう組織はどこの国も基本的にチームプレイだと思ってたのですが,そうでもないのでしょうか。
この映画では,主人公のアスガーが受けた件は彼が一人で処理していて,周りの同僚は誰も助けないんですよね。

ただ映画を見ているとアスガーがかなり独善的な性格であることが分かってきます。
一人で勝手に指揮したり捜査したりするし,周りとも会話しようとしてないですし,常に上から目線で現場にも配慮がないですし。
こんなのが周りにいたら確かに協力しないなあというタイプです。
なのでこの人だけのケースであると思いたい。

でもそれを差し引いても,本作の事案は逮捕監禁容疑で殺人に発展する可能性が高いものですから,速攻で緊急配備をかけたりしないといけない事案ですよ。
指令室も蜂の巣をつついたようになる事案のはずなのにみんなテンションが異常に低く怖いです。
終盤でようやくアスガーが受理する内容を別の係員が指令室へ同時中継してやっているんですが,最初からやれよって感じです。

いいところ

指令側のもどかしさがよくわかる

突っ込みどころが多いですがいいところもあって,指令側のもどかしさというのが大変によく分かります。
現場からの連絡をただ待つしかないあの感じ。

私は本部の通信指令をやったことはありませんが,署の一般当直につくと本部通信指令のミニバージョンみたいなことをやります。
その時に思うのですが,やはり音声のやりとりだけでは現場の状況が把握しきれないのでもどかしいんですね。
最近は現場から画像送ったりもできますが,それでもやはり断片的であることに代わりはなく,現場の雰囲気とか空気はなかなか分かりません。
でも現場ではそういうものが意外と大切だったりするので・・・

例えば変死現場なんかで音声報告上の状況はたいしたことなくても,現場では何かこれはおかしいということがあります。逆に音声報告上はヤバそうな感じがするけど現場に実際行くとこりゃ事件性なさそうっていうのがあったり。
刃物系の自殺とかそうで,現場は出血多量で凄惨ですから,無線報告を聞いているとヤバそうな感じがするのですが,現場に行けばなんとなく自殺か他殺かはわかることも多いです。
逆に一見普通の自殺っぽいけど行ってみたらなんかヘンっていう現場もあってそういう現場が一番ヤバいのですが,得てしてそういう現場は地味で無線なんかはまったく飛ばなかったりします。
もちろんその感じたものを裏付けていくのが大変なのですが。

指令の難しさ

話を戻します。
ですから現場じゃないと分からないことはたくさんあるので,ある程度は現場のことは現場の人を信じて任せないといけません。
アスガーのように現場に対してエラそうにガンガン言っていたら,現場の人は「そんならお前が現場に来てやりんさいや」と反発して言うこと聞かないと思います。私もそうしてました。

そうかといって放置していてもいけないわけで,渦中にいたら気付きにくいことや,離れていて冷静だから気がつくこともあるので,その辺を適切に指示したり助言したりが指令に本当に求められるところで難しい仕事だと思います。
行け行けって言うだけだったら誰でも出来ますからね。

指令の上手い人はそういう適切な指示や助言のタイミング,言うこと聞かない現場の人のなだめすかしなどがとても上手でした。
その点私はあまり向いてないと思いました。

まとめ

警察官とかで通信指令の仕組みを知っている人が見たらもどかしくなると思います。
一方でそういう人は指令側のもどかしさもよく分かるでしょうからその辺は面白いと思いますが,かなりひねくれた楽しみ方のように思います。

私が今まで挙げたような突っ込みどころは,一般の方は特に違和感なくスルーしてしまうのでしょうか。
そうするとこの映画はもっと素直に楽しめるのでしょうか。
その辺りがちょっと気になるのでした。

映画『THE GUILTY ギルティ』公式サイト|10.16(水)Blu-ray&DVD発売
88分、試されるのは、あなたの<想像力> 映画『THE GUILTY ギルティ』公式サイト 10.16(水)Blu-ray&DVD発売

コメント