IC-R30のA/Bバンドを周波数ごとに比較してみた

IC-R30

ICOMのデジタル受信機IC-R30を使い始めて1年くらいになります。
使っていると周波数によってはけっこうAバンド(上側)とBバンド(下側)で感度が異なることが分かります。
特にAバンドの400MHz帯がかなり感度が悪いなあと感じていました。

そこでいくつかの周波数で比較してみました。

こんな感じで比べていきました

結果が下の表。
それぞれの数字はSメーターは目盛り(14まである)を書いています。
赤色はもう片方と比べて良好だったバンドを示しています。オレンジ色はやや良。

周波数AバンドBバンド
118.350×2
128.40011~1214
131.4006~810~12
138.1504~64~6
154.517~88
156.30010~1214
168.5343752~48
236.200810
272.7259~122
283.0002~62
319.0001010
340.20022
351.2812522
351.293754~62
352.875042
367.51251410
384.91257~104~7
399.07504~62~4
414.4250×8~10
415.200022
415.450064
421.6250×2
440.21254~68~10
453.1250×10~12
467.100002~48~10

結論としては

  • VHFエアバンドはBバンドがややよい
  • 140MHz帯から200MHz台前半まではABバンド同程度かBバンドがややよい
  • 200MHz帯後半から300MHz帯はAバンドがよい,ただし300MHz帯前半はほぼ同じ
  • 400MHz帯は圧倒的にBバンドがよい

ということに。
Aバンド400MHz帯のダメっぷりが衝撃でした。
BバンドでSメーター読み10程度まで振れるものまで受信できないことがあるとは・・・
私のが壊れてるのかと不安になるほどでした。
400MHzはとりあえずBバンドにした方がいいですね。

コメント