警察学校のスケジュール~一日の流れや入校から卒業まで

警察学校

警察学校のスケジュール,一日の流れや入校してから卒業するまでの流れについて書きます。

一日の流れ

朝~授業まで

朝(夏期は6時,冬期は6時20分)起きたらすぐにグラウンドに集合して点呼があります。
点呼とは人数と異常の有無の確認をすることです。
その後,警察体操(警察独自のラジオ体操みたいなやつです)をやって,すぐに走ることが多かったです。
私は朝が弱いので,この点呼と朝の運動がけっこうしんどかったです。
それらが終わると掃除して朝食です。
走ったりしているのであまり時間がなく,朝はいつもバタバタしている感じでした。

授業

80分(90分だったかも)の授業が1日5コマありました。
うち1つか2つは術科など体を動かす系が入る感じです。
私の時は5コマ目のほとんどが学級活動という謎の時間で,何をするのかというとほとんど走ってました。

座学

座学は警察に必要な法学と実学がメインです。
教官は警察官なので教えるのが上手じゃない人もいますが,現場の経験談を織り交ぜながら授業が進むので意外と面白いものも多かったです。
私は刑事希望だったので,今まで知らなかった警察捜査の実際をいろいろと聞けるのがとても楽しみでした。

あと私がいた当時はなかったけど今は盛んなものとして現場想定訓練などのロープレ形式の訓練があります。
パッと見は寸劇でバカバカしい感じもするのですが,やると案外熱中しますし足りない点などもよく分かって意外と勉強になります。

術科

術科とは,柔剣道,逮捕術,けん銃,点検教練など体を動かす系の教科です。

警察官とは言っても,その多くは警察に入るまで柔剣道をやったことのない人なので,柔剣道は初歩的な内容です。
経験者だとけっこう楽です。
逮捕術ももちろんみんな初めてですから,最初は基礎的な内容ばかりです。
ですからその時の教官次第なところはありますが,術科は体力的にはそこまでキツくないと思います。
中でもけん銃なんて体力的にはしんどいところなんて何もありませんから,特にのんびりできる時間でした。

キツいのは後述する暑中稽古や寒中稽古くらいではないでしょうか。

術科で地味に嫌だったのが頻繁な着替えです。
座学は制服で受けるのですが,柔剣道はそれぞれの服になりますし,体育とか救急法でジャージになることもあります。
短い時間で寮までダッシュして帰って着替えて・・・と着せ替え人形みたいにクルクル着替えていると夏は汗だくでなかなかしんどいです。

夕方~夜

授業が終わると掃除して夕飯食べて風呂入ります。
掃除が終わって以降は自由時間ではあるのですが,病院に行くとか特別な時を除いて平日は外出出来ません。
21時ころに点呼があるので一度集まらなければならず面倒です。
22時半には消灯で,消灯後に許可なく電気を付けたりしていると死ぬほど怒られます。
試験前などは延灯許可というのを取れば消灯時間後も電気を付けて勉強できました。

とにかく走る!

この1日の流れを見てもらえば分かると思うのですが,とにかくよく走ります。
私のいた当時は,5時間目は学級活動と称してほとんど走ってましたし,朝の点呼後も走りますし,体育や警備実施の時間もほぼ走るので,初任科生=走るみたいなイメージがあります。
ですから長距離走が苦手な人は特にキツいと思います。
ただ,今はカリキュラムが増えて学級活動もほとんどなくなり以前ほど走ってないらしいです。
あと私のいた当時はけっこう外へ走りに行っていましたが,今は世知辛くていろいろ制限があるため外へは走りに行かないそうです。

またキツいとは言っても,採用試験に受かった程度の体力があればついて行けるレベルです。
機動隊での訓練などと比べると全然たいしたことはないので,警察学校の運動についていけないのなら早めに辞めた方がいいと思います。
体力というよりむしろ精神力な感じはします。

そんなですから雨が降ると飛び上がるくらい嬉しかったですね。走れなくなるので。
でも私のいた学校のグラウンドは異常に水はけがよく,雨が止んで1時間もすれば走れるようになるので油断が出来ませんでした。

入校から卒業まで

最初の1か月

入校して最初の1か月は,それまでのカラをぶっ壊す作業が集中的に行われます。
外出泊禁止ですし,普段なら休憩時間のはずの昼休憩や夕方以降の授業時間外,場合によっては夜にも集合がかかって,走ったり点検教練をしたりします。
新しい環境ですべてに面食らっているところにこれなので,なかなかのキツさでした。
学校内の作法とか警察礼式とか覚えないといけないことがたくさんありますし。
3週間目くらいになると,疲労がたまって病気就寝が大量に発生するほか,「辞めたい・・・」などとこぼしはじめるのですが(私もそうでした),外出禁止が解けて外に出ると死ぬほど嬉しくていつの間にかそんなことは忘れてしまうのでした。

この最初の1か月を乗り越えればなんとかなります。
どこの環境でもそうだとは思いますが,いったんそこの作法や慣習などに慣れてしまうとあとは惰性でいけますから。

試験

中間試験と卒業試験の2回があります。
赤点を取るとクビになると脅されましたが,出題範囲などはだいぶ絞ってくれますしなんとかなります。
仮に赤点をとっても追試がありますし,試験の成績が悪くてクビになった人は聞いたことがありません。

試験などの結果で1番からビリまでキッチリ順番がつけられます。
卒業前の試験でよい成績を取ると賞誉などの賞状がもらえますが,それ以外でよいことは特にありません。
成績が悪くてもバリバリ仕事をしている人はいくらでもいて,成績の良し悪しはその後の警察人生にあまり関係ないのでさして気にしなくていいと思います。

各種資格

部内の資格や無線を扱うための資格などを取らないといけないので,入校期間の後半はそれらの対策に追われます。
柔剣道の初段,逮捕術,けん銃,書類検定,鑑識検定,救急法,陸上特殊無線技士,情報処理検定とかがあったと思います。
ちょっとうろ覚えです。

そんな感じですから意外とやることが多くて,特に短期だと6か月しかないのでかなりせわしないです。
入校後の1か月を乗り越えてちょっとしたらすぐ中間試験で,それが終わったら検定,検定,卒業試験と。

イベント

寒中暑中稽古

真夏と真冬の一定期間に柔剣道を集中して訓練する期間があります。
課外の時間(朝起きてすぐや授業が終わってから)にプラスアルファでやらないといけないのでしんどいです。
私は10月に入校したので寒稽古をしましたが,朝起きてすぐ柔道とか寒いのなんの。
術科はそんなにキツくないと書きましたが,この時は辛かったです。

社会見学

一般の学校みたく社会見学もあります。
行く先は当然というか警察施設ばかりですが,自衛隊に行ったこともありました。

○○訓練と称する半ばレクイベント

雪中訓練とか遠泳(だったか?)訓練とかいかめしい名前がついた訓練がいくつかありますが,そのほとんどはスキーと海水浴なので息抜きできる貴重なひとときです。
中には山に走って登ったりとかしんどいものもありますが。

卒業旅行

卒業試験や検定取得などすべてが終わってから旅行がありました。
もちろん自分の金で。
平日もからむ場合は年休取って。
純粋に楽しかったです。

まとめ

職業訓練をするところなので,どうしても大変な面や辛い面が目立ちますが,イベントなんかもあるので意外と楽しいところもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました