刑事とは~仕事の種類やその内容,私生活に与える影響など

警察の仕事の種類や内容

刑事とは,狭い意味では警察組織の中で刑事部門の警察官です。
刑事部門とは成人の刑法犯(+薬物など)を扱う部署です。

一般の人が思っている刑事とは私服捜査員のことだと思います。
そうなると刑事部だけでなく,生活安全や警備,交通でも私服で事件捜査を担当している人がいます。
そうはいっても主な違いは対象としている法律くらいなので,この記事では狭い意味の刑事について主に書きます。

刑事の種類(係)

警察署でいうと刑事課の中は

  • 庶務係
  • 強行犯係
  • 盗犯係
  • 鑑識係
  • 知能犯係
  • 暴力犯係
  • 薬物犯係

と分かれていて署の規模によってそれぞれが分離していたり一緒になっていたりします。

大規模署では全部の係が独立していて,さらに強行盗犯庶務鑑識で刑事一課,知能暴力薬物で刑事二課とかに分かれています。
小規模署になると庶務鑑識係と捜査係(強行盗犯知能暴力薬物全部込み)にまとめられたり,もっと小さくなると生活安全課と一緒になって生活安全刑事課になっていたりもします。

庶務係

その名のとおり庶務です。
捜査書類の点検とか送致とか証拠品管理とか事務的な仕事が多いです。
変死の扱いもここですが,大規模署では初動捜査係が扱っていました。
捜査書類の出来不出来が分からないといけないので,ベテラン刑事など業務に精通した人が行くことが多いです。

強行犯係

刑法犯の中で他の係が扱わない事案をすべて扱います。
なので刑事の中では対象はかなり広いですが,主に扱うのは凶悪犯,粗暴犯,性犯罪(条例違反や公然わいせつは除きます,後述)などです。

本部で言うところの捜査一課です。
花形と言えば花形なのかもしれませんが,署の強行では目立つ事件というのはそれほどなく,普段は町の素行不良者たちが誰かを殴った蹴ったとか物を壊したとか町のゴミ掃除的な事件が多く意外と地味です。

盗犯係

泥棒専門係です。
窃盗だけで専門の係が必要なほど,窃盗の数は他の犯罪と比べて飛び抜けて多いです。

本部で言うところの捜査三課です。
一般の人から見たらかなり地味かもしれませんが,部内ではなかなか人気があり,好きな人はずっと盗犯やってます。

鑑識係

鑑識活動をする係です。詳細はこちら。

知能犯係

詐欺とか横領とか偽造犯罪とか知能犯罪と呼ばれるものを扱う係です。
選挙や汚職も対象です。
最近はオレオレ詐欺などの特殊詐欺が多発しているのでなかなか忙しいです。

本部では捜査二課です。

暴力犯係

暴力団が関係する犯罪を扱います。
本部では捜査四課や組織犯罪対策課です。
一般のイメージどおり,一見するとガラが悪い人が確かに多いです。

薬物犯係

覚せい剤とかを扱う部署です。
薬物が大好きな人は世の中にたくさんいるので,処理に追われて大変そうです。

その他

本部には三交替の刑事,機動捜査隊がいます。
略して機捜って呼ばれることが多いです。
突発事案が発生したら現場へ急行して署の初動捜査を手伝うのが主な仕事です。
見た目のいい部署ですし,仕事も・・・なのでとても人気があります。
私も一度行ってみたかったですがとうとう行けませんでした。

あと私がいた県には,大きめの署には初動捜査係という三交替の刑事がいました。
こちらは略して初捜です。
文字通り初動捜査を担当するので刑事,生安の事案はなんでも扱います。
機捜隊の署バージョンのような気もしますが,業務負担量とか汚れ度には雲泥の差があり,初捜を一言で言うと火事変死係って感じで作業着必須の汚れ係です。
機捜みたいにカジュアルな私服は着れません。

よくある誤解~制服とどっちが偉いのか

よく誤解されがちなこととして,刑事(私服)はエラくて制服はそうじゃないというのがあります。
これは一般企業でいえば,総務課の人はエラくて営業課の人はそうじゃないと言っているようなもので,実際はそんなことはありません。

どちらも同じ警察官で,刑事と交番は課が違うだけです。
普通に警察官として採用されて警察学校を卒業して交番などを勤務して,本人の希望や諸事情などで刑事に行く人もいるというだけの話です。

警察の仕事(署の内勤編)~刑事とか生安とか交通とか
警察署の中にいろいろある部署の説明をします。警察の仕事は大きく6つの分野に分かれています。総警務刑事生活安全地域交通警備また昔は地域のことを「外勤」,それ以外を「内勤」と言っていたそうで,今でも内勤という言葉は残っ...

警察の上下関係は階級で決まります。
つまり刑事課の巡査と交番の巡査部長を比べると,当たり前ですが交番の巡査部長の方が上です。

実際に現場で捜査をする人の階級は警察署では巡査(係員)から警部補(係長)まで,本部だと巡査(係員)から警部(課長補佐)までです。
それ以上の階級になると捜査指揮や管理が主になり,実際に現場に行ったり被疑者を取り調べたりすることはあまりありません。

しかし私が刑事と交番を両方やって感じたことは,服装が違うだけで現場での反応がかなり違うということです。
やはりというかなんというか,制服だとバカにされがちです。
その点刑事は一目置かれがちなので仕事がやりやすい面はあります。
ただ,どっちも私という同じ人間なのに,服装変えただけでこんなにロコツに態度が変わるとは・・・と思いなんともやるせない気持ちになると共に,そういう面では人間ってほんとバカだなあと感じます。

階級については下記記事参照。

主な業務

捜査です。
捜査とは犯人の発見確保,証拠の収集保全のために行う一連の行為です。

捜査の一例

捜査とは言ってもその内容はかなり広いので代表的なものを例としていくつか。

任意捜査

令状を使わないものです。
こっちの方が圧倒的に多いです。

聞き込み

昔はこれが主体だったようですが, 近所付き合いが昔のように盛んではないこと等から,今はかなり比重が下がっています。
しかしそうは言ってもたまにはいい話も出てきますし,証拠が少ない事件はこれくらいしかすることがないこともあるので今後も消滅はしないでしょう。

照会

最近問題になっているやつです。
知能犯罪など事件の種類によっては照会ができないとほぼお手上げのものもあります。
詳細はこちらへ。

尾行や張り込み

容疑者を尾行して実際の犯行現場を押さえたり,住居が分からない容疑者の家を調べたり,これもよくやります。
ただ刑事の尾行張り込みはヘタクソなので,警備の人のように上手ではありません。

張り込みなどは人間がずっとやると辛いし不確実なので,カメラなんかも使ったりします。

取調べ

被疑者を取り調べます。
詳細はこちら。

裏付け

取調べやいろんな捜査で分かったことについて,それが本当のことなのかどうかを調べることです。
例えばAさんという人が「犯人は甲ですよ。なぜなら@@@だから。」って言った場合,鵜呑みにはできません。嘘や勘違いかもしれないですから。
なので,Aさんが言った「@@@」という内容を補強するための証拠を集めたり。

裏付けがあればあるだけ事実は盤石になるので強いですが,モノによっては裏が取れないようなものも多々あり,立件に苦労することもあります。

強制捜査

裁判所に令状を出してもらってから行う捜査です。

捜索差押え

いわゆる家宅捜索はもちろん,通信の秘密に該当するような通話記録なんかは令状を取って差押えという形で証拠を集めています。

なので逮捕状と比べると扱いがかなり多いです。

逮捕

現行犯逮捕は令状が必要ありませんが,その他の緊急逮捕や通常逮捕は令状が必要です。

任意捜査が捜査の基本ではありますが,捜査を察知したら逃げたり証拠隠滅したりしそうな人は逮捕してそういうことができないようにしてから取調べをします。

大きい事件になるほど逮捕することが多いです。(殺人で任意取調べとかほぼないですよね)
逆に小さくなればなるほど逮捕する可能性は低くなりますが,住居不定だったりすると後日呼出しができないので自転車泥棒でも逮捕しなければいけません。

刑事の一日

機捜や初捜を除いて日勤なので,普通の公務員と同じく平日の朝から夕方までを基本として仕事をします。
普通の公務員と違うところは突発事案が入ることと捜査の都合で通常勤務時間外に仕事をすることが多いことです。

日中(勤務時間内)

逮捕された被疑者(身柄と呼んでました)がいる場合は,時間制約があるのでその制約に間に合うよう優先的に取調べをします。
忙しくなると複数の身柄を担当しなければならなくなり,取調べだけで1日が終わることもあります。

取調べの合間などに取り調べたことの裏付け捜査や別の事件の捜査なんかを進めていきます。

事件の規模や種類にもよりますが,小さいものは一人で担当することもありますし,大きなものは複数や係で担当します。
新聞に出るような大きな事件は捜査本部を組んで警察本部の捜査員が主体で捜査することが多いです。

また捜査をしたら当然それらを人が分かるように報告書などの書類にしなければならず,その作業にけっこう時間を食います。
ですから外へ出て捜査をする時間よりも署の中でパソコンをにらんでいる時間の方が長いと思います。

また突発事案が入れば当然それに対応します。
平日日中の場合は,突発があれば他の係も手伝っていました。
お互い様ですから。

勤務時間外

尾行や張り込みなんかは夜にやることも多いです。

泥棒や性犯罪などが連続発生した時もよう撃捜査といって次に発生しそうな現場を予想して検挙しようとしたり。

逆にそういう時間外にやらなければいけないことがない時は,積極的に早く帰るようにしていました。
いつ呼出しがあるか分からないですからね。

当直

日勤なので数日おきに当直があります。
ほとんどの県では刑事当直という初動捜査を担当する私服の当直員になるのではないかと思います。

私生活に与える影響

土日や休日

日勤公務員なので,土日祝日は基本的に休みです。
ただし,週末って人出が増えるせいか事案も増える傾向にあり,平日より呼出しが多いように思います。
また逮捕事案があれば送致のために出てこなければならなくなりますし。
さらに当直が入ることもありますから,土日丸々休めるっていうのはなかなかありませんでした。

代休が取ればいいんですが,私のいた当時はそういう思想はありませんでした。

そうは言っても昔と比べるとかなり改善された聞きます。
私が拝命した16年前でも,刑事といえば365日署にいるみたいなイメージでしたし,実際にそう豪語している人もいました。
今は私的な都合があれば普通に年休取れますので,少しずつではありますが確かに改善はされてきていると思います。

呼出し

署の規模や係によって全然違うのですが,呼出しはある程度あります。
凶悪事件や火事変死をやらなきゃいけない強行犯係や鑑識係あたりは呼出しが多いです。

逆に窃盗犯係や知能犯係,暴力犯係なんかは突発事案はあまりないので呼出しは少ないです。
もちろん休日前の夜に身柄が入ると,送致のため休日に出勤しないといけないことはちょくちょくありますが,夜中に「今から来い」という緊急呼出しはあまりないです。
一方で盗犯は相手が夜中に行動する人たちなので,夜中に捜査しないといけないことも多いのが難点。良し悪しです。

給料

基本的に日勤なので三交替のように収入はよくありません。
ただ時間外手当が優遇されているような感じはします。

警察の時間外手当って100%出ません。
所属にもよるのですが,5割前後出てる感じですかね。
刑事をやっているとその割合が上がっているようには感じました。
でもトータル年収のことを考えたら三交替の方が絶対に有利なのは確かです。

そもそも給料のことを考えて刑事になる人はあんまりいないと思いますし,なっても身がもたないと思います。

刑事になるためには

交番などできちんと勤務しながら希望を出していればなれます。
仕事がきついのでそこまで人気があるわけでもありませんし。
大卒高卒などの学歴は関係ないですし,資格も特にありません。

詳しくは下記記事参照。

向いてる人

これも一概にはなんとも言えなくて,刑事とはいっても意外と幅があるのでいろんな人がいます。
いかにも刑事っぽい豪放磊落な人もいますし,いかにも暴力団担当って感じの見た目がヤクザみたいな人もいれば,口下手でコツコツ仕事するような職人肌の人もいます。

ですから交番などで一般人とコミュニケーションできる程度の能力があればなれると思います。

まとめ

係にもよりますが,基本的に多忙ですしきついことやつらいことも多いです。
でも捜査が面白いという人はけっこういますし,私もそう思います。

またドラマとは違って現実の刑事の世界に華々しさというのはあまりなく,世の中の底辺のドブをさらうような仕事が多くてバカバカしくなることもあります。
しかし,一方で中には本当にやりがいを感じる事件も確かにありますし,犯人を検挙して被害者等から喜んでもらえると純粋に嬉しいです。

コメント