自宅に侵入してくる空き巣などの泥棒や性犯罪から身を守るためには

防犯

私が警察官になって驚いたのが,窃盗って意外と多いということです。
警察官になるまで受けた被害といえば,自転車を盗まれたことくらいでしたから。

家や店に入る泥棒(空き巣や忍込み,事務所荒しなどをまとめて侵入盗といいます)も根強く多いです。

よくある手口

ガラス破り

ガラスを破って鍵を開けようという典型的な手口で,一番多いのではないかと思います。
錠の部分だけ工具などで小さくこじって割る泥棒もいれば,原始的に石を投げつけて割る泥棒や火でガラスをあぶって割る泥棒など,泥棒の個性が良く出るところでもあります。

無施錠

意外と多いです。
玄関は鍵かけていても窓の鍵をかけ忘れていたり。

マンションなど集合住宅の高層階などは特に窓の無施錠が多いですが,そういう高層階の無施錠を専門的に狙う泥棒は意外と多くいるので油断できません。
よくあるのは非常階段や配管伝いにベランダに侵入するという手口。

さらに無施錠が良くないのは,復元が上手い(現場を荒らさない)泥棒の場合,被害に気付くのが遅れてしまうことです。
被害に気付くのが遅いほど被害状況も曖昧になりますし,指紋や足跡などの証拠も失われていき犯人が捕まる可能性が低くなってしまいます。

その他

泥棒の手口って千差万別なので,いろんなのがいます。
窓の格子を外す人とか,アルミの扉を破る人とか。

また手口にも流行り廃りがあって,例えば昔はやっていたピッキングとかはほとんど目にしません。
ピッキング道具の所持自体が違法になったことや強化された鍵が増えたことなどが理由なのでしょうか。

逆にいえばこれからも新しい手口は生まれると思いますので,全てに対策を取るのはコスト的に現実的ではありません。
しかし被害の多い手口だけでも対策をしておけば,多くの被害が防げるのも事実です。

対策

対策はいろいろあるのですが,総じて言えるのは「目立つように(泥棒から見えるように)」することが大切だと思います。
自動車盗対策でも書きましたが,いかにして泥棒に「この家面倒くさそう」と思わせるかが勝負です。

またこれらの対策はのぞきなどの性犯罪者に対しても有効です。

鍵をかける

基本中の基本ですが,夏場なんかは開けっぱなしにすることも多いでしょうから,意外と徹底は難しいように思います。

しかしせめて外出時だけでもきちんと鍵をかけていれば,かなり違うと思います。

また性犯罪者から身を守るという意味では,夜間網戸だけで寝るなどはかなり危ないです。
電気代はかかりますが素直に鍵をかけてエアコンを付けましょう。

死角を作らない

一軒家の場合,敷地を生け垣や塀で囲って外から見えなくすると,プライバシー的にはよいのでしょうが防犯的にはあまりよくないです。
いったん敷地の中に入ってしまえば外からは見つかりにくいということですから。

後述する防犯砂利やセンサーライトなども外から敷地内が見えないと効果が半減します。
音がしても家の人が歩いているのかなとしか思われないかもしれないですし,光も外から見えにくいですし。

同じような考えで大きな庭があるなど敷地が広い家も防犯上はあまりよくありません。
そういうお金持ちな家は素直に機械警備にした方がいいように思います。

音で防ぐ

防犯砂利

パッと見はただの玉砂利なんですが,踏むと石と石がこすれ合って目立つ音がします。
鳴き砂の石バージョンみたいな感じ。

プロならではの「防犯砂利」の正しい敷き方|暮らしのあんしん百科(第1回)|防災対策・セキュリティのセコム
プロ直伝の「防犯砂利」の正しい敷き方をご紹介します。ホームセンターなどでも、よく見かけられるようになった防犯砂利。「防犯砂利の敷設」の現場を取材し、正しい防犯砂利の敷き方を紹介します。

敷地内にまいておけばいいので安上がりですし値段の割にはいい方法だと思います。

よそ者に対して吠える犬は泥棒よけにはいいでしょう。
ただあんまり吠えすぎると近隣関係が難しくなりそうではありますが。

光で防ぐ

センサーライトなど人が来ると光るものもある程度威嚇になります。
でも光ったことが家の中や近所などから分からないとあまり意味がありません。

音系に比べるとちょっと効果が低いかなと感じます。

窓対策

防犯ブザー,防犯アラーム

窓や扉を開けたことや衝撃を検知してブザーが鳴るようにするものです。

一戸建ての場合,隣の家が近くないとあまり意味がなさそう。
逆にアパートなど集合住宅の忍込み,居空きや性犯罪者対策(家人が中にいるのに入ってくる系)には特にいいと思います。

鳴るときは思いっきり大きな音がしないと意味がないです。
それこそ近所の人もびっくりするくらいのものじゃないと。
そう考えると衝撃を検知するタイプは,誤作動のこととか考えるとあまりオススメしません。

補助錠(二重ロック)

鍵を二重鍵にして面倒くさそうな印象を与えます。

そんなに高いものではありませんし手軽に設置できるのでよいのですが,目立つものではないのである程度の破壊はされてしまう可能性が高いです。
ガラス割って元からついている錠を開錠して,初めて補助錠に気付くでしょうから。

防犯フィルムや防犯ガラス

ガラスを破壊しにくいようにフィルムをはるものです。

窓用防犯フィルム施工・通販 | ガラス破りによる空き巣対策に
窓に防犯フィルムを貼ることで、ガラス破りが非常に困難になるため窓からの侵入が難しくなります。UVカット、地震などでガラス割れた際のガラス片飛散防止効果もあります。弊社では施工とカット通販共に行っております。TEL:042-748-8681

防犯ガラスはガラス自体を割れにくいものに交換するものです。

防犯合わせ複層ガラス | YKK AP株式会社
頼れる防犯性で、おでかけもおやすみも安心。割れにくく、もしもの災害時も安心の「防犯合わせ複層ガラス」のご紹介です。窓とドア、インテリアからエクステリアまで、住空間を快適に創造するYKK AP。

家の窓全部にこの加工をするのは,手間的にも値段的に大変に思います。
あとこれらの加工をしていても視覚的には分かりにくいので,侵入はされないもののある程度は壊されると思います。

死角になっている部分など弱い部分の窓ガラスだけこれに変えるというのもアリかもしれません。

またこれらは台風などで物が飛んできたときの対策としても使えます。

自前のセンサーや防犯カメラ

自分でセンサーや防犯カメラを取り付けるという方法もありますが,ここまでするのなら素直にセコムなどの機械警備に頼った方がいいと思います。
ある程度の手先が器用なら設置までならできるとは思いますが,運用の便利さについてはやはり勝てません。
留守中の対応とか軽重に応じた110番通報とか。

また防犯カメラは「防犯」にはそれほど役に立たないのではないかと思います。
というのも覆面などをしていればバレないと思うのか,防カメがあるにもかかわらず被害に遭っていることは意外と多かったですし,中には防カメを壊したり防カメを盗む泥棒もいました。
もちろん犯人を捕まえるための証拠という面ではあった方がいいですが,未然に防ぐという意味では値段の割にはあまりよくないよう思います。

セコムやALSOKなどの機械警備

ホームセキュリティってやつです。
費用はかかりますが一番安心ではあります。
窓や屋内にセンサーを付けるので,入ってきたらすぐに分かりますし,異常度が高ければ警備会社から110番通報がされるので警察も早く来ますし。
人が駆けつけてきてくれるという点も安心度は大きいのではないかと思います。

まとめ~オススメは?

なんといっても,「きちんと施錠をする」ということが大切だと思います。

次に「音系の対策」が値段が安い割に効果的かなあと思います。
一戸建てなら防犯砂利,集合住宅なら窓用の防犯ブザー。

それから自宅で一番狙われそうなところの窓ガラスに防犯フィルムでしょうか。

周りから敷地内が見えないような家に住んでいる人やお金持ちの人はホームセキュリティに入ったほうが手っ取り早くていいと思います。

参考記事

コメント