警察官に必要な能力(体力編)~どのくらいの体力が必要?

警察官の技術や能力

警察官にはどれ程度の体力が必要なのでしょうか。

結論から言うと警察学校を耐えられる体力があればいいんじゃないかと思います。
もっといえば警察官の採用試験を突破できるくらいの能力。
その程度でいいと思います。

走力

走力があるに越したことはありませんが,そこまで必要でもないです。
だって悪い人で足が速い奴なんてそんなにいないからです。
だいたい悪い人って私生活が乱れていて不摂生です。
ですから仮にその人が元々足が速くても,不摂生がたたって長い距離は続かないので,最初は離されても追っかけてればだいたい先に向こうがへばります。

長距離を走る力は警察学校である程度鍛えられるので,あとはそれをいかに維持していくかが大切なのではないかと思います。

格闘力

走力とは違って,悪い人の中には腕っ節の強い人も確かにいます。
ですがそういう能力って走力以上に抽象的なので,どこまでが最低限必要なんだといわれるとよく分かりません。
そもそも1対1で制圧することなんてほとんどないし。
私も現職中に1対1の格闘になったことはなく,相手が暴れる場合は数で制圧することがほとんどでした。

ですからそんな能力よりも,ヤバい現場を早めに察知して応援を求める方が大切だと思います。
この現場ヤバそう,早めに応援呼んどこっていう危険を察知する力。

総合的な持久力

これが一番大切なんじゃないかと思います。
過酷な勤務環境でも健康状態を維持できる力。
防衛体力というやつです。

徹夜になったり夜中に叩き起こされたり,警察官の勤務は不規則極まりないです。
寒風酷暑も関係ないですし。
OBの訃報とかを見ていると定年後すぐにポックリ逝ってしまわれる方がけっこうおられます。
それを見ていると本当に体に良くない仕事なんだなあと思います。
でも一方で長生きしている人は本当に長生きなので,この違いは一体なんなのだろうかとも思います。

ちなみに私が警察を辞めた理由の一つにそういう体力的な不安もありました。
徹夜でもうろうとする意識の中で仕事をしながら,「今でもこんなにしんどいのに60過ぎまでこんな仕事無理。仮に定年まで保っても,絶対その後すぐ死ぬ」って何度も思ってました。

まとめ

警察官には過酷な勤務環境でもへばらない防衛体力が一番大切です。
ちなみに防衛体力を向上させるには適度な運動がいいらしく,過剰な運動はよろしくないそうです。

防衛体力 | 健康長寿ネット
体力は、身体的要素と精神的要素の2つから構成され、更にそれぞれが行動体力と防衛体力に分けられます。防衛体力は、恒常性、適応性、免疫力等の働きにより、生体をとりまく外界からの色々なストレスに耐えて、健康を積極的に維持しようとする自動調節能力です。
「2つの体力」とは?
日常生活におけるコンディショニングを調査・研究し、分かりやすくお届けします。

コメント