鑑識とは~その仕事内容や誤解されがちなことなど

警察の仕事の種類や内容

ニュースなんかでよく写る鑑識は,警察の職種の一つで刑事部の中にあります。
刑事と一緒で一般人からいろいろと誤解されがちな職種です。

私の警察歴ではこの部署が一番長く,それだけ愛着もあるところです。

組織的なこと

本部や署の体制

私のいた中規模県だと

  • 本部:鑑識課
  • 中大規模署:刑事課(刑事第一課)鑑識係
  • 小規模署:刑事課(生安刑事課)刑事係

の人が鑑識の仕事をしていました。
本部には三交替の機動鑑識というのがいて,24時間体制で大きな現場などに臨場します。
警察犬も本部鑑識課に所属しています。

↓参考記事

科捜研との違い

科捜研は,現場で鑑識などが集めてきた資料を鑑定するところです。
DNA鑑定とか。
科捜研は基本的にみんな警察職員(技官)です。

ですから,現場で資料を集めるのが鑑識の仕事で,その資料を調べるのが科捜研の仕事です。
ドラマのように科捜研の人が現場に来ることはあんまりありません。

交通事故現場の鑑識は?

鑑識は刑事部なので,事故現場へはあまり行きません。
大きな現場があったときには一応行ったりしてましたが,普通の鑑識が事故現場に行っても路面のこん跡とかはよく分からないのであまり役に立ちませんでした。
テレビに出ているような交通鑑識は,私のいた県では本部にしかいませんでした。

鑑識の仕事

現場の仕事

資料採取

事件現場で資料を集めるのが主な仕事です。
指紋とか足こん跡とかDNAとか。

集めた資料については,指紋や足こん跡は本部へ,DNA資料なんかは科捜研へ送って鑑定してもらいます。
指紋やDNAとはいっても,何も手がかりのない現場からいきなり被疑者に当たるなんてことはなかなかなく,地道な作業を繰り返しているとたまーに当たるかな,といった程度です。地味です。

見分

大きな現場では実況見分(いわゆる現場検証)をするのも鑑識の仕事です。
写真撮ったり図面書いたり。

検視

変死があるとだいたい行きます。
写真撮影や死体観察などが主です。

その他

現場がないときは,署内で捕まった被疑者の指紋や写真を取ったり,それらを整理をしたりしてます。
ヒマなときは新たな鑑識技術や鑑識機材を研究してみたり。やはり地味です。

鑑識の大変なところ

呼出しが多い

事件が発生するとまず現場鑑識をしないといけません。
それがすまないとその先に進めないからです。
ですから呼出しがけっこう多いです。

暑くて寒い

現場に這いつくばって作業したりすることも多く,四季の変化をダイレクトに実感できます。
真夏のゴミ屋敷内でマスクや各種カバーを付けての検視作業や真冬の火事現場の実況見分などはなかなか体に応えます。

どうやったら鑑識になれるか?

鑑識員のほとんどは警察官です。
本部で指紋や足こん跡の鑑定をする人は警察職員の人が多いですが,それ以外は警察官です。
ですから,鑑識員になりたいのであれば,普通に警察官になって警察学校や交番で修行しながら鑑識を希望すればよいです。
そんなに人気のある部署でもないので,希望していればなれるのではないでしょうか。

あと多分どこの県でも鑑識検定という部内の資格があるので,鑑識になりたいのなら取っておくしかないです。
鑑識検定で習った写真の技術なんかは私生活でも役に立つのでよいです。

そんなに難しいことをしているわけじゃないので,理系であるとか学部によって有利とかそんなことは一切ありません。
高卒で十分ですが,暑かろうが寒かろうが臭かろうが地道にコツコツと作業のできる職人タイプの人が向いていると思います。実際そういうタイプの人が多いです。
ですから刑事部とはいっても捜査(いわゆる一般的な刑事)とはちょっと趣が異なります。

コメント