警察官になった後,刑事などの希望の部署へ行く方法

仕事の種類や内容

先日こんな質問をいただいて回答したのですが,詳しく書いてみようと思います。

人気の部署,不人気の部署

警察には大きく分けて

  • 総警務
  • 刑事
  • 生活安全
  • 地域
  • 交通
  • 警備

という部門があります。

この中で人気がある程度あったのは刑事や生安,地域のパトカーとかでしょうか。
逆に人気がないのは留置管理や白バイや高速隊を除く交通,警備とかが人気ありませんでした。

希望部署に行くための資格

一応各部門に行くと刑事任用科とか生安任用科とかといった感じで任用科や専科に入ってそれぞれの部門の勉強することが多かったです。
しかし私の周りを見ると入ってから行く人がほとんどで,結局行っていない人も多く,正直あまり関係ない感じです。

また大卒高卒や大学での専攻などの学歴もまったくといっていいほど関係ありません。

どうやったら希望の部署に行けるか

その1(交番からコース)

警察学校を出たら最初は交番で何年か修行をします。
その間に一生懸命仕事をして,自分の希望を上司に伝えていれば,そのうち希望の部署には行けることが多いです。

例えば刑事になりたいのだったら,交番勤務を通じていろいろ捕まえて自分で積極的に取調べとか一件書類作成とかやっていたら目立ちますし,実務能力も上がるのでそのうち取り立ててくれます。
刑事をやってて思ったのですが,交番でしっかりとした取調べや一件書類を作れる人はそんなに多くないので,そういう書類が上がってきたらかなり目立つので,席が空いたら刑事に引っ張ろうという話になります。
なので刑事や生安になりたいのだったらそういった実務能力を上げるのが一番だと思います。

また,交通だったら取締りをたくさんするとか。
私の知り合いで交通志望だった人はみんなよく切符切ってました。
それをみて私は交通には向いていないと思いました。

非番や公休に希望の部署を手伝ったりして顔を売るというのもよくあるやり方ですが,そこまでしなくていいんじゃないかなと思います。

ただ,内勤のポストには限りがあるので,自分と同じ階級の人が異動してくれないと入れません。そのポストが人気だとまた難しいのも確かです。
そこはどうしても運もからんでくるので,運が悪いとなかなか行けないこともあります。

一回どこかの専務へ入って何年かやってしまえば,あとはよほどのポンコツでない限り,異動をしても「刑事経歴があるのなら刑事に入れよう」という風になってその分野にはまりやすくなります。
逆にいえば,自分の希望しない部署に行くとそこから負のスパイラルに陥ることがあり,抜け出すまでがちょっと大変です。

その2(管機コース)

交番を2年くらいすると管区機動隊へ行く人が何人かいます。
給料安いですしけっこうしんどいので行きたがる人はあんまりいません。
私も希望しませんでしたし行きませんでした。

しかしいいところもあります。
管区機動隊は2年制で,2年目は各専務で兼業みたいな感じになるのですが,このときは割と希望が通ります。
さらに除隊後はそのままそこの専務に入れることもあるので,人気の高いところだとこっちコースの方が確実のように思います。

また管機へ入るときと同時期に千葉県警の成田空港警備隊への出向調査もあるのですが,これも帰ってくるときに割と希望が通ると聞きます。

私の場合

私は当初刑事希望だったのですが,学校を卒業して実習を積むうちに希望分野があやふやになり,そんなことをしていたら交通に入ってしまいました。
入ってすぐに「こりゃ向いてない,やばい。」と思ってそこから刑事を目指すことにしました。

具体的には,運良くその時に交通で捜査本部が出来ていたので,そこに入れてもらって積極的に取調べとかもやらせてもらったりして事件に対する実務能力を上げるようにしました。
あと鑑識検定という部内の刑事関係の資格を取ったり。
当時の上司はとても良い人たちだったので,そうこうしているうちに,なんとか刑事に行かせてもらえました。

交通に入ったのは嫌でしたが,交通の時の同僚や上司はとてもよい人たちばかりだったので,とても運がよかったと思います。

まとめ

結論として,どの分野も成績の良し悪しとか大卒高卒とか関係なく行けます。
実務能力が大切です。
逆にいくら頭がよくても実務能力がポンコツだとそこから追い出されることもあります。

巡り合わせがよければ警察学校を卒業して2,3年で希望部署へ行く人もいれば,巡り合わせが悪くてなかなかいけない人も確かにいます。
この辺りは人事がからむのでなんとも言えないです。

コメント