警察と靴,それから蒸れ対策~ずっと履くからけっこうこだわる

警察その他

警察の仕事を考えると,靴って重要です。

靴には一時期けっこうこだわっていました。

求められる性能

一応官給品もあるんですが,予想に違わず安物であんまりよろしくありません。

内勤ならいいのですが,現場に行くにはかなり役不足です。

現場の活動は暑い日もあれば寒い日もあり,大雨の日などもあってなかなか使用環境は過酷です。

行く先も普通の路面から油まみれの中華料理店とか工場とかゴミ屋敷とか様々。

また追いかけたりなんだりでけっこう走ることもあるので,走れる靴の方が楽です。

なので過酷な環境に対応できて走るのにいい靴,が基本的に求められる性能であります。

あと制服の場合はカラフルなスニーカーを履いていたら怒られるので,黒じゃないとダメです。

でも黒ならほぼOKだったので,その辺は柔軟性があってよかったなと感じます。

その点私服なら,服に合う範囲でなんでも履けます。

蒸れないこと

夏は靴が蒸れるのが嫌でした,官品はこの点最悪。

24時間勤務とかだと余計にそう思います。

真夏に前夜勤務を終えて(午前2時),勤務開始から17時間以上が経過した足は,犯罪ものです。

シャワーとかがない施設だと本当に最悪でした。

なので夏場はスケスケの,半分サンダルみたいな靴を履いててりしてました。

これの黒バージョンみたいなやつとか。

できるだけスケスケで,一見すると普通の靴っぽく見えるヤツを。

脱ぎ履きしやすいこと

人の家に上がったりなんだりで靴を脱いだり履いたりすることが多く,手を使わずに履ける靴を重宝していました。

蒸れ防止にもこまめな脱着が不可欠です。

上記のサンダルもどきはかかとが踏めるようになっているものが多くて,脱着が楽なところもよいです。

救急隊員も同様に履いたり脱いだりが多いので,下記のような靴が売られています。

私も実際これを使ってみたのですが,確かに脱ぎ履きしやすいですし,グリップも効いていていいのですが,靴の画像を見て想像できるように,無茶苦茶蒸れるのですぐやめました。

蒸れない工夫をしたらけっこういいものになるのではないかと思うのですがね。

走りやすいこと

現場へ行くときとか悪い人を追っかけるときなんかに走ることはけっこうあるので,走りやすいものがいいです。

あと軽い方がよいですね。

防水性があること

雨の日に延々外で活動することもあるので,防水性があった方がいいですよね。

ザーザー降りのときは,あきらめてゴム長をはいていました。

しかしゴム長は防水性はピカイチですが,今まで挙げた性能は何一つ備えていません。

蒸れるし走れないし脱着しにくいし・・・

ただ,上記の性能に防水性を加えるとなるとゴアテックスしかないですよね。

ゴアテックスのトレランシューズみたいなのがいいんでしょうけどねえ。

でもそんなよいものを仕事には使いたくない気もする。

安全性

労災現場や出店荒しに遭った中華料理店など床が油でヌタヌタのところへ行くこともあり,グリップ性も必要です。

安全靴的な性能もあった方がいいんでしょうが,そういった点の必要性は感じませんでした。

っていうかそういう現場に行くときには,私は警備靴(編上靴)に履き替えていました。

特殊な現場

火事現場や労災現場

火事場はさすがに普通の靴では対応不可でした。

何回か長靴を忘れて普通の靴で活動したことがあるのですが,開始5分でグチャグチャです。

釘とかガラスとかが怖くて歩き回れないし。

なので,最初は鉄板入りのゴム長を履いていたのですが,周りで警備靴を使っていた人がいて快適そうだったので,それを真似して自前のものを買いました。

官品もあるのですが,例によってあまり使い勝手がよろしくないので。

これを買ったのですが,高いだけあってすごくよかったです。

踏み抜き防止や先芯はもちろんあります。

一番驚いたのはそれまで使っていた官品のものや長靴と比べて全然滑らないことです。

火事場などで濡れた金属上なんかを歩くと,不意に滑ったりして怖かったのですがそういうことがなくなりました。

ゴム長までの防水性はさすがにありませんが,その分蒸れませんし,踝くらいの水たまりなら浸水もしません。

なので消火作業にはさすがに役不足でしょうが,火事見分や労災見分には最適でした。

ハードな変死現場など

ハードな変死現場やゴミ屋敷に行くは,逆に使い捨ての靴を履くようにしていました。

そういう現場に行ったら,手では触れないような代物も,足ではどうしても踏んでしまうからです。

ハード変死現場へ行った後で一番臭うのは足元です。

一応靴カバーとかもして入るのですが,カバーできる範囲が限られていますし,ただのビニールなので歩き回るうちに穴が空くことも多いです。蒸れるし。

腐敗汁とか付かないように警戒はしているので上半身は比較的マシのですが,下半身は警戒が薄くなるのでヤバイくらいに汚染されています。

一番臭うのは足首辺りでした。

なので,そういった現場に行った時は靴もそうですし,靴下や,場合によってはズボンも捨ててました。

足の臭い対策

蒸れにくい靴でも時間が経つとどうしても足が臭います。

蒸れやすい靴だともうテキメン。

が,これを防ぐ画期的なものがあります。

それがこれです。

一見すると怪しげな粉なんですが,これを靴の中に一さじ入れるだけで臭いがまったくしなくなります。

そんなバカなと思われるでしょうが本当です。

7日間,毎日一さじずつ粉を入れ続けるだけで,靴がダメになるまでその性能を維持できていました。

粉を入れなければいけない7日間だけは,靴の中+靴下が真っ白になるのでそれが難点ではありますが,そんな短所を補って余りある効果です。

この粉って警察とかよりもむしろ一日中革靴履いて外を歩くような営業職の人とかに最適なんじゃないかと思います。

本当に効きますので騙されたと思って試してみるとよいです。

24時間連続使用足でも気持ち悪いくらいに臭いだけはしなくなりますから。(蒸れた感じは当然あります)

なんでもっと爆発的に普及しないのかなあと不思議なくらいです。

まとめ

消防や救急隊員向けの靴は売られているのに警察官向けの靴ってありません。

今言ったことを兼ねそろえた

蒸れない,脱着しやすい,グリップが効く,走りやすい靴(私服用の普通のスニーカー風のものと黒色の制服用)

消防用の靴から防火性を除いた靴(火が出ている中には警察は行かないので)

といったものを売れば,けっこう売れるのではないかと思うのですが,どうでしょう。

あと重ねて言いますがグランズレメディは死ぬほどオススメです。

コメント