災害派遣とか大規模警備実施に対応する人も大変だけど残る人ももっと大変な件について

警察その他

今年は全国的に災害が多いですね。

 

大規模な災害があったり,大規模な警備実施(サミットなど)があると警察はよその県へ応援派遣されることがあります。

それはそれで大変なのですが,残る人もけっこう大変で,場合によっては残る人の方が大変なことも意外と多いです。

いろんなところから人が抜かれる

派遣があるということは当然人が必要なので,いろんな部署からポコポコ人がいなくなります。

でも業務はいつもどおり進むので,人が減った状態でこなさないといけないです。

特に突発対応の部署は人がいようがどうであろうが容赦なく事案が降り注ぐのでたまらないです。

 

そういう負担は本部よりも署の方が大きいです。

突発対応はほぼ署がやらないといけないですからね。

そして,署の中でも日勤より三交替の方が負担が大きいです。

 

三交替が一番しんどい理由には,突発対応しないといけない部署であるということのほかに,普段の体制にまったく冗長性がないからです。

通常の状態でギリギリ若しくはすでに足りてない人数しか配置していないので,こういうことがあって人を抜かれるとひどい有様になります。

しかもなぜかこういうことがあると三交替から優先的に人を抜かれます。

サミットの時はひどかった

自分が経験した中で一番ひどい思い出はサミットがあったときです。

交番は人が足りなくなって三交替が維持できず,二交替になりました。

つまり,24時間の当番日と非番日を繰り返すという地獄パターン。

先の記事で三交替も楽ではないという話を延々とした上での二交替なので,そのつらさはなんとなくわかっていただけるかとは思うのですが,本当に殺すなら殺してくれっ!って感じでした。

 

特に私はその時,かなり忙しい交番にいたため,余計にそう思いました。

ぶっ倒れそうになりながらもなんとかこなしましたが,やって当たり前だと思われているのでしょう,誰からも特に何の評価もされずスルーです。

こんな扱いを受け続けていると,だんだんマジメに仕事するのがバカらしくなってきます。

よくエラい人が,「陰ではみんなちゃんと見てる」って言ってなだめる(ごまかすともいう)のですが,「陰じゃなくていいからもっと表で見れ」って心底思います。

 

派遣された人もしんどいのでしょうが,これもまた配置次第でしんどいところもあればタダみたいなところもあって余計に複雑な気持ちになります。

もうちょっとやり方考えないのかなあ?

2020年にはオリンピックもあります。

今のやり方のままでいったらまた阿鼻叫喚の様相を呈するのは間違いないので,この辺の警備実施のやり方についてはもうちょっと進化してほしいです。

だいたいこういう特別なイベントがあると,「特別な行事だから我慢せえ。」と一線署に大きな負担が投げられるのですが,本当にどうかと思います。

みんなよく耐え忍んでいるなあと思いますが,本来なら暴動が起こるレベルです。

何のために普段エラそうにしているのかなあと思います。

 

もっと人を取るところを考慮できると思うんですけどね。

忙しいところや人数に余裕のないところからでも平気で人を取るのはどうかと思います。

 

あともっと他県から応援を求められないのかなーといつも思います。

「自県としてのプライドが・・・」とかっていうのを聞いたことがあるのですが,本当だとしたらキチガイ級の発想ですよね。

定年を引き上げたり,再雇用を推進するという話ですが,もうちょっと環境をよくしないと人が死んでしまうと思います。

 

愚痴ばかりになってしまってごめんなさい。

 

コメント