警察官は祭りやイベントが嫌いになる

警察その他

警察官をやっていて嫌いになったものの一つに祭り,イベントがあります。

悪い思い出ばかり増えていくんです。

祭りがあると人がたくさん出てくるので,警察は雑踏警備体制を組みます。

ある程度大きな祭りに行くと,制服私服の警察官がウロウロしているのを見かけるかと思います。

これがけっこう負担です。

雑踏警備の体制

日中の祭りの場合,三交替の人は日勤日(という名の公休日),日勤の人は代休振替または時間外で対応します。

夜間の祭りの場合,三交替の人は非番日,日勤の人は代休振替または時間外で対応します。

代休とはいっても結局取れないことが多いですし,時間外はそもそもかなり削られています。

半分タダ働きです。

これについてはまた別に書きます。

いずれにしてもプラスアルファの業務で余計なことなのです。

さらに署が小さいと全署員体制とかになったりして地獄です。

この場合,三交替公休日の人が最悪で,公休日の深夜まで仕事して翌朝から24時間勤務ですからね。

死ねと言っているのかと。

なぜか管轄署だけで

現役時からすごく疑問だったのですが,こういうイベントごとはだいたい管轄署だけでやります。

本部には県警の1/3の人員が詰まっているのですから,こういうときに応援に行けばいいのにと思いますが,あんまり応援とかありません。

あっても微々たるものです。

なので,例えば尾道で花火大会があるとき尾道署は全署員体制になって悲惨なことになるのですが隣の福山西署とかはいつもと変わらない日々を過ごします。

これは事件でもそうで他署の事件に応援に行くことはありますがあくまで応援でしかありません。

このへん縄張り意識が今でも強烈にあります。

これについてもまた別に書きます。

このように尾道や廿日市(宮島が管轄です)とかはイベントが多いので雑踏警備の負担が大きいのですが,署によってはほとんどそういうイベントがないところもあります。

不公平です。

事件処理が・・・

また,雑踏警備をしていると意外と事案があります。

やはり群衆が増えるとアレな人もそれに応じて増えていきますから。

しかもパープーな人は祭り好きな人が多いので余計に雑踏中のパープー率は高まります。

彼らは主に酒を飲んで泥棒とかケンカとかしてくれるので大変です。

あとスマホが普及してからは盗撮など変態系も必ず出現するようになりました。

こういう事案って任務解除の直前など絶妙なタイミングで発生するのですよ。

そうなるとそこから事件処理なのでプラス5時間コースとかです。

泣きたくなります。

まとめ

そういうことが何度かあるともうダメですね。

世の中から祭りなんかなくなればいいと思うようになります。

休みの日も祭りには行かなくなります。

だって行ったら警察官がいるのですから全然楽しくないです。

視線もいつの間にか雑踏警備目線になってしまいますし。

そういう関係で警察官は祭りが嫌いな人が多いと思われます。

辞めた今でも嫌いです。

コメント

  1. しゅん より:

    警察が警備してるからこそ祭りを安心してたのしめるのです👮

    • 山根 厚介 より:

      実際警備にあたっていてそう言ってもらえるのが一番励みになってました。